ホーム > お知らせ > 29.4.14中央ハウスさくらんぼ研究会園地巡回

JAやまがたからのお知らせ

29.4.14中央ハウスさくらんぼ研究会園地巡回

掲載日:2017年4月18日

JAやまがた中央ハウスさくらんぼ研究会は14日、JAや全農山形の職員らと山形市内のハウスサクランボ3園地を巡回し、出荷最盛期に備え、色づき具合や粒ぞろいを確認した。
3月の寒さで栽培管理に苦労したが、品質はサクランボの粒や張りが良く良好。
ハウス栽培の早生品種「紅さやか」は既に真っ赤に色着き、12日に初出荷を迎えた。5月上旬にはハウス栽培の「佐藤錦」が出荷最盛期を迎える見込みで、同JAでは5月14日の母の日に向けてハート形パックの出荷を増やし有利販売を目指す。
研究会では10人が約1・7fでハウスサクランボを生産し、10dの出荷を見込む。

29.4.14中央ハウスさくらんぼ研究会園地巡回

写真=生育状況を確認する生産者ら(山形市で)